わんず日記。

ペキニーズ×2のいろいろ 諸般の事情によりコールネームは明かしていません

ごはんで頭を悩ませる日々

マーライオン事件の後、尿比重検査で腎機能が落ちている事を確認するまでは
以前の半手作りに戻すのでは無くButchを食べさせていたら何故か3日位経つと
マーライオン事件の前より元気になってびっくりしていたのだけれど、
尿比重が低く腎機能が落ちてるということが判明してから療法食に再度ご飯を
切り替えたら今度は元気が無くなってきた。

血液検査の数値は全然悪くないので、慢性腎不全の初期か加齢による腎機能障害
と言ったところだと思う。獣医師からも慢性腎不全でステージいくつとまでは
言われていない。
早くから療法食(低プロテイン・低リン・低ナトリウム)にしたほうが
腎機能を温存出来るので療法食にしちゃったけど、元気が無いと
余計要らぬ心配をしてしまうのが飼い主。

飼い主の足りない脳味噌をフル回転させてごはんをどうしようかと
うんうん唸りながら考えた結果(というほど大したことでは無いけど)
1日4食のうち3食は療法食にして1食をButchにしてみることに。
少し元気が出てくればいいんだけどなあ。

ちなみに今のところクレメジンやカリナールは処方されていないし、
皮下輸液も必要ない状態です。